デザインコンペ「LIFE DESIGN信州2011」選考結果

lifedesign_headimg

人間にとって「水」とは生きて行く上でなくてはならないものです。特に信州は豊かな自然に恵まれ、清らかな水によって生活を支えられています。「命をつなぐ水」、時には「命を奪う水」・・・。海のない信州から改めて「水」を考えます。デザイン提案部門では「水を利用した商品デザイン提案」、デザインPR部門では「信州の水をPRするデザイン」を募集しました。信州ならではの「水」によるデザインをご覧下さい。


グランプリ 「酒瓶再生」

bin

●相澤 徳行(長野市)相澤デザイン室

日本酒瓶の再生デザインです。
信州には名酒・名蔵が数多くあります。原料・技術共に古くから親しまれ、水の豊かな地域に寝付いた象徴的なものといえます。瓶の形状と、スタンダードな瓶の色(茶・青・緑)は、誰もが無意識的に「日本酒」を認識するいわば日本酒のアイコンです。このアイコンを崩すこと無く再構成しました。
そこから見えてくる「名酒が生まれる豊かな自然の背景」をイメージして。


デザイン提案部門賞 「SHINSHU GLASS」

SHINSHUGLASS

●平田 昌大(埼玉県)法政大学

信州の清らかな水は、山々に連なる豊かな樹木が育んだ水です。「SHINSHU GLASS」は信州の3大木材として挙げられる「唐松・檜・杉」の3種類のスティックを封じ込めたグラスです。グラス内に注がれた水をそっと口に運ぶ瞬間に、微かに香る信州木材の香り。その香りと共に感じる水の味わいは、例え都会で注いだ水でさえ、信州の水として感じることができます。また、「グラス・水・スティック」が創りだす情景は、木々が長い年月を掛けて浄化した信州の水を表現しています。少しずつ違う信州の3種類の香りは、それぞれに癒し効果も認められており、お土産としてもお手頃に家庭に持ち帰ることのできる「SHINSHU GLASS」は「信州の水のカタチ」を提案します。


デザインPR部門賞 「信州の水のお話」

shinsyu

●中沢 定幸(長野市)中沢デザイン事務所

水にかかわる伝説から、どれだけ水が大切で身近だったのかがわかります。信州にまつわる水の伝説が、「次の世代へと受け継がれてほしい」そんな願いをこめて、イラストで表現しました。


デザインPR部門賞 「長野県の環境省選定「平成の名水百選」」

heisei

●宮下 ひろみ(長野市)(株)エイブルデザイン

環境省が平成20年に『平成の名水百選』として全国各地の湧水、河川、用水、地下水の中から100ヵ所を選定しました。長野県では「木曽郡木祖村・木曽川源流の里 水木沢」「飯田市・観音霊水」「松本市・まつもと城下町湧水群」「下高井郡木島平村・龍興寺清水」の4カ所が選ばれました。
その名水を紹介するポスターを制作しました。


ユニバーサルデザイン賞 「美杓 ─VISHAKU─」(デザイン提案部門)

bisyaku
●Triangle(代表:楠 博志)(滋賀県)


植原亮輔賞 「信州の水を食べよう。」(デザインPR部門)

watereat
●中沢 定幸(長野市) 写真:大井川 茂(中野市)
中沢デザイン事務所/スタジオ ハイ・ブッシュ


内田和美賞 「カラフル水まんじゅう」(デザイン提案部門)

water

●塚田 久美子(長野市)OKA学園トータルデザインアカデミー


禹在勇賞 「トイレットペーパー/シラズシラズニフルサトのミズ」
(デザイン提案部門)

paper

●篠原 亜理沙(上田市)長野大学


長嶋りかこ賞 「みずのれん」(デザインPR部門)

mizu
●神谷 涼太(東京都)専門学校HAL東京


学生特別賞

「信州の水のおはなし 北信&東信&中信&南信」
(デザインPR部門)
mizunoohanashi
●滝沢 啓(上田市)長野大学

「雫の川下り」(デザイン提案部門)
kawakudari
●横田 和樹(長野市)OKA学園トータルデザインアカデミー

「信州の自然」(デザインPR部門)
shinshunoshizen
●佐藤 麻琳(宮城県)専門学校日本デザイナー芸術学院仙台校


入選

「つながる傘立て」(デザイン提案部門)
kasatate
●山崎 義樹(富山県)BLOCK DESIGN

「○○さん家の水道水」(デザイン提案部門)
suidousui
●東福寺 彩歌(長野市)OKA学園トータルデザインアカデミー

「ごみ袋」(デザイン提案部門)
gomi-bukuro
●相澤 徳行(長野市)相澤デザイン室

「飯田水引」(デザインPR部門)
iida-mizuhiki
●轟 理歩(長野市) 写真:長岡 竜介(長野市)
トドロキデザイン/長岡写真事務所

「SHINSHU WATER」(デザインPR部門)
shinshu-water
●永田 傑(長野市)ナガタデザイン

「信州の水に、ハズレなし。」(デザインPR部門)
hazurenashi
●黒坂 秀行(東京都)(株)たき工房

「美しさから生まれた水」(デザインPR部門)
umaretamizu
●村木 淳之介(東京都)(株)ツープラトン

「信州水三訓」(デザインPR部門)
sankun
●柴山 邦太郎(東京都)専門学校HAL東京


ーおことわりー
各作品の著作権は各応募者に帰属します。
無断での複製・盗用・引用・転用・掲載・商用利用ほかの著作権を侵害する行為は固く禁止します。
作品に関わるお問い合わせ・ご連絡は長野県デザイン振興協会 事務局へお願いします。

デジタルコンテンツ制作・企画など。