「信州ブランドアワード2013」選考結果

「信州ブランドアワード」は、当地の優れたブランドを選考・周知して地域の魅力を高め、信州全体のブランド価値を底上げしようと2004年に始まり、今回10回を迎えました。「志向性」「表現性」「情報伝達性」「地域性」「継続発展性」この5つの指標でブランドを選考するアワードで、これまで入賞したブランドは100を超えています。
今回の選考では公募と推薦で挙がった45ブランド(過去最多)から、先ずノミネート委員会で15のブランドに絞り選考委員会に諮りました。それらを審議した結果、全15ブランドが入選いたしました。
その中から、総合的に最も評価の高い「大賞」、特定の指標で評価が高く大賞に準ずる「特別賞」、そして特に地域公益性がある「長野県知事賞」の各賞を選考しました。



[信州ブランドアワード2013選考委員] 順不同・敬称略
土屋 修三 信州ブランドフォーラム開催実行委員長(選考委員長)
水本 正俊 一般社団法人長野県経営者協会 専務理事(選考副委員長)
熊谷 晃 長野県観光部 信州ブランド推進室 室長
五味 英紀 長野県地域資源製品開発支援センター 総合プロデューサー
小澤 吉則 一般財団法人長野経済研究所 調査部長
禹 在勇 長野大学 企業情報学部 教授
鈴木 進 長野県デザイン振興協会 地域産業支援部会 部会長

デジタルコンテンツ制作・企画など。

Top