金賞「根元 八幡屋礒五郎七味唐からし」

名称
根元 八幡屋礒五郎七味唐からし
事業者名
有限会社八幡屋礒五郎
プロフィール

「八幡屋礒五郎」は、江戸時代中期(元文年間)の創業。
江戸浅草の「やげん堀本舗」、京都清水寺の「七味屋本舗」と並び、長野善光寺の「八幡屋礒五郎」として七味の三大老舗に数えられる。善光寺名物中最古のものであり、創業以来250年余、八代に渡り連綿と忠実に受け継がれ、卓絶な風味は善光寺詣りの手形とまで云われている。

講評

信州善光寺門前の名物として「地域性(信州らしさ)」を最大限に活かしつつ、老舗中の老舗として江戸時代から長く味や製法、パッケージ(缶や袋)などを一貫して守り、ブランド価値を継承している「志向性(考え方)」や「継続・発展性」を高く評価した。最近のオリジナルグッズ発売やTVCMなどによる積極的な情報発信や、それらプロモーションでの「表現性(デザイン性)」も高く評価した。

デジタルコンテンツ制作・企画など。

Top