大賞「諏訪湖の花火」

名称
諏訪湖の花火
事業者名
諏訪市観光課
プロフィール

昭和24年(1949年)8月15日、終戦の混乱の中で市民が明るい希望を持ち一日も早く立ち直ることを願い、諏訪湖で初めて「納涼諏訪湖花火大会(現在の諏訪湖祭湖上花火大会:毎年8月15日)」が開催された。昭和58年(1983年)には「全国新作花火競技大会(毎年9月第1土曜日)」の前身となる花火大会が開催され、平成15年(2003年)には、一定期間毎日毎晩花火が上がる「サマーナイトファイヤーフェスティバルそうだ!花火見に行こう」が始まる。
「諏訪湖の花火」は時代の流れの中でその形を変えながら、人々を魅了し感動させ、楽しみ方の幅を広げている。

講評

60年の歴史があり「夏の諏訪湖=花火」というイメージが市民や観光客に幅広く定着し、全国屈指の花火大会の開催地に成長している。関連する地域のイベントとの相乗効果も高く『観光地・諏訪』としての認知度を全国的に高め、観光入込客数の増加にも大きく貢献している(志向性・情報伝達性・地域性・継続/発展性)

デジタルコンテンツ制作・企画など。

カテゴリー: